お知らせ

お味噌作り

miso1.jpg   miso2.jpg

最近、近所のおばちゃんたちから、お味噌作りを頼まれることが多くなりました。
今まで、「手前味噌」を遠くに住む子どもや孫たちに送っていたおばちゃんたちが
年を取って、お味噌作りが、「思こっ」になってきたのです

味噌は、作って子供たちに送りたい
でも、味噌作りは、「思こっ」

「圭子ちゃんに頼んみゃい」とうわさが飛び交い
あちこちから、頼まれます

でもね。そんなおばちゃんたちのお味噌を作るときは、
必ず、おばちゃんのレシピ通りに作ることにしています

大豆、塩の量から始まり、
米を入れるかどうか
他に入れるものがあるのか、
仕上げはいつの段階でするのか(人によって、二日目の朝から、三日目の朝まで様々)

米を入れるおばちゃん。入れないおばちゃん
最後に炊いたもち米を入れるおばちゃん
みりんを入れるおばちゃん
焼酎を入れるおばちゃん

みんな、少しずつ、それぞれの「手前味噌」があります
そして、その「手前味噌」を、待っている都会に住む子供たちへ

おばちゃんが、年を取って作れなくなっても
味は少しでも近い物を送りたい

そう思うのです。

今日のお味噌は、私が、大学生の時までお年玉を持って来てくれたおばちゃんでした
お金がなかったあのころ、
おばちゃんからもらうお年玉が本当に嬉しかった
何十年も経って、
お味噌をおばちゃんの代わりに作っている私
ささやかな恩返しです

 

2015/10/21   admin

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください